済生会横浜市東部病院・看護部 RECRUITING 2018

FACEBOOK
  1. TOP
  2. NURSE STORY
  3. アドバンス助産師として憧れの先輩に自分がなる

NURSE STORY 横浜市東部病院だからできる看護

S・M S・M
アドバンス助産師として
憧れの先輩に自分がなる
S・M
大学卒業後、大学院にて助産学を学ぶ。その後、新卒として当院に就職。憧れだった責任をもって院内助産ができる助産師をめざし、アドバンス助産師資格を取得し、現在に至る。
出会いが運命を決める

出会いが運命を決める

最初は、助産師になるつもりはなく看護師になろうと思っていました。
高校生の看護体験時に、たまたま配属されたのが産科病棟でした。それまでは、そもそも助産師の存在すら知らなかったのでとても新鮮な体験でした。そこで、切迫早産で入院しているお母さんとお話しすることができたのですが、病気ではないけれど点滴をして入院をしなければならない、と看護師さんから聞いて、こどものために自分が悪いところもないのに頑張って入院している場合もある、と知って衝撃をうけました。また、帝王切開で生まれた赤ちゃんを見て、「悪いところを取り除くためにお腹を手術することは自分でも想像ができていたけれど、子どものために手術するなんてすごい!」と心から感動したことを今でも覚えています。
看護体験終了後、帰り道に涙が出てしまって。両親にはうまく伝えられませんでしたが、自分が生まれてきたことにすごく感謝ができました。そんな頑張っている妊婦さんや赤ちゃんの役に立ちたいと思い、助産師を目指すことに決めました。

しっかりとした提案であれば受け入れられる柔軟な病院

しっかりとした提案であれば
受け入れられる柔軟な病院

助産師になるにあたって、将来的には助産院で働きたいという気持ちもありましたが、お産はいつ危険な状態になるかはわからないので、安全のためにも医師と連携のしやすい院内助産がある病院を就職先として考えていました。
実は就職先を決めるときに、ある大学病院への就職も検討していました。そこの病院は、設備が整っていて、産婦人科としての規模は大きく、院内助産もありとても多くの助産師が働いているという病院でした。
そんな中、横浜市東部病院を選んだ理由の一つは、「周産期の全ての時期に関われる」からでした。一人前の助産師になるために、妊婦さんや赤ちゃんに対してのケアをしっかり学べることはもちろん、不妊治療から、妊娠初期、退院後まで、そして外来までと、助産師として全ての時期に関われることは、私の助産師キャリアを考える上で重視したい条件でした。
私が就職活動をしていた当時、東部病院には院内助産がありませんでしたが、面接のときに、私の希望する助産師の働き方を伝えたところ、看護部長からも「やりたいことがあるなら何でも提案して」と、私の思いを全面的に受け止めてくれました。この一言がきっかけとなって、もう完成されている院内助産の中に入るよりも、新しく組織を作るところに自分も携われたらとても面白いだろうと考え、東部病院への就職を決意しました。

一人前になるまでしっかり教育してくれる

一人前になるまでしっかり教育してくれる

配属された当初は、自分の思うようにまったくできなくて、大変とか忙しいとか思う間もなく先輩の後をひたすら追っている、いつも泣いてばっかりな1年目でした。しかし、そんな私を先輩たちは諦めないで関わり続けてくれ、今でもとても感謝しています。妊婦さんや子どものことも第一に考えながら、私への思いやりと愛を持って本気で怒ってくれたことは、私の助産師観を作る上でとても影響を与えてくれました。これまで、助産師としていろいろなことがあって本当に大変だったのですが、自分がやりたいこととして、とてもためになる経験が積めたと感じています。
院内助産は、皆で協同して作り上げていっています。私が未熟だった時、先輩助産師たちの技術を間近で見ることができたのは、とても勉強になり、今でも私の糧になっています。東部病院には、お手本になるような尊敬できる先輩たちがとても多いですね。このような環境にある院内助産を持つ病院は多くあるものではないと思います。
私も助産師となって9年目になり、アドバンス助産師の資格を取りましたが、本当に尊敬できる先輩に追いつけるように日々勉強中です。今の目標は、アドバンス以上の能力が必要とされる院内助産スタッフになることです。

やりたいことが出来る病院

やりたいことが出来る病院

東部病院は、「やりたいと思うことを積極的に受け入れてくれる」文化があると思います。例えば、チームで「産後のお母さんたちのママクラス」の開催を提案した際も、師長をはじめ、みんなが意見を良く聞いてくれて、実現をサポートしてくれました。きちんと考えられていて、妊婦さんや赤ちゃんのためになることであれば、前向きに検討してくれる環境だと思います。

憧れる先輩を目指して

憧れる先輩を目指して

東部病院は卓越した技術と知識がある助産師が多くいます。先輩から学びたいことはたくさんあります。
まだまだ足りないところはありますが、助産師になってから憧れていた院内助産をやっと少し自信を持ってできるようになったので、もっとお母さんやお子さんのためにもやってみたいなという気持ちと、やっと憧れていた先輩に少しだけ近づけたと思っているので、私の後輩にもそんな背中が見せられるように努力をし続けていきたいと思います。