済生会横浜市東部病院・看護部 RECRUITING 2018

FACEBOOK
  1. TOP
  2. PERSONS
  3. こどもセンター T・M

PERSONS 横浜市東部病院で働く看護師

T・M T・M
理想の看護師像に近づける病院
T・M こどもセンター
大学卒業後、子どもが好きで人助けになる仕事をしたいという思いから小児科ナースを目指し、当院に入職。現在1年目の新人看護師。
自分がやりたい看護ができる病院

自分がやりたい看護ができる病院

私は横浜で生まれ育ったので、地域に恩返ししたいという気持ちと、地域のために活躍したいという気持ちがありました。大学病院への入職も検討しましたが、子どもとその家族に一番近くで寄り添える看護を目指すには横浜市東部病院が適していると思い、東部病院に決めました。

子どもたちや生活までも見据えた看護

子どもたちや生活までも
見据えた看護

東部病院の「こどもセンター」は、地域のこどもを大切にこどもとその家族を、第一に考えたホスピタリティあふれる医療を提供しています。私もその思いや診療に惹かれて仲間になったのですが、所属してまもなく、その思いをさらに強くする出来事がありました。
難聴のため補聴器をつけていた赤ちゃんが入院してきました。お母さんの希望もあり、治療の一環として、起きている間はなるべく補聴器を付けて話しかけることになっていました。しかし、いざ着けてみると耳に違和感があるのか自分で取ってしまい、うまくいきません。そこで先輩に相談すると、スタッフみんなに共有してくれ、一緒になって解決方法を考えてくれました。そのおかげで、補聴器を安定して装着することができ、話しかけにも反応してくれるようになって、赤ちゃんの機嫌もよくなったのです。うれしくて先輩に報告すると一緒に喜んでくれて、「入院はつらいことだけれども、少しでもおうちでの生活に近づけられるようにサポートしないとね」と教えてもらい、その子らしい生活が入院によって奪われてはいけないと学びました。
こうした経験を通して、先輩方の赤ちゃんとその家族への思いの強さを感じ、ここに来てよかった、ここでもっと成長していきたい、という思いを強くしました。

患者さん第一の看護を実現するチームフォロー

患者さん第一の看護を
実現するチームフォロー

1年目の私では知識や経験も足りず、1人で出来ることはまだまだ少ないです。しかし、この病棟の先輩方は常に患者さんとその家族を第一に考え、私に足りない部分を示してくれますし、私の悩みには一緒に考えて応えてくれます。忙しくて大変な現場ですが、看護師として、人として、少しずつですが確実に成長出来ていると実感しています。