済生会横浜市東部病院・看護部 RECRUITING 2018

FACEBOOK
  1. TOP
  2. PERSONS
  3. EICU H・A

PERSONS 横浜市東部病院で働く看護師

H・A H・A
分からないことがあっても
すぐに解決できるサポート体制
H・A EICU
大学卒業後、急性期から退院後の地域での診療まで、トータルな看護を学ぶために、地域の中核病院である当院に入職。
笑顔あふれる病院

笑顔あふれる病院

横浜市東部病院にインターンシップで訪れた時に感じたことは、職員の皆さんが明るく丁寧に対応している病院だ、という印象です。患者さんやご家族に対してはもちろん、職員間でも笑顔の多い環境だなと強く印象に残っていたのですが、実際に入職してもそのイメージに変わりはなく、私の第一印象は間違っていなかったと感じています。

手厚い現場での新人教育

手厚い現場での新人教育

現在、救命病棟に勤務していますが、しっかりとしたフォローで手厚い教育を受けていると思います。すぐ側に先輩がいてくれ、わからないことや不安なことがあればすぐに声をかけて確認できるため、安心して看護に取り組むことができています。集中治療室なので重症度が高いのですが、初めてのことは必ず先輩の指導を受けられますし、繰り返しのサポートもあるので、看護師としての学びや成長につながっていることを日々実感しています。

充実したプリセプター・サポーター制度

充実したプリセプター・サポーター制度

少しずつ経験を積んでいく中で、徐々に重症な患者さんも受け持つようになると、不安感と責任感で押しつぶされそうになりました。そんな時、話を聞いて一緒に悩み、今後どうしていけばよいのか、自分は何ができて何ができていないのか、声をかけてくれるのが、プリセプターとサポーターでした。こうしたサポートの体制があるので、新しいことや難しいことにでも積極的にチャレンジできているのだと感じています。

なりたい看護師像を目指して

なりたい看護師像を目指して

「患者さんとご家族のために、今の自分に何ができるのか?」を常に考え、実行できる看護師像を目指しています。そのために患者さんやご家族と関わる時間を十分に設け、話をしてもらえるような声かけ環境づくりを心掛けています。患者さんやご家族のために使える時間を増すために、いかに業務を素早く正確に行うことが出来るかが現在の課題です。毎日、患者目標達成のためにどのように行動するかを確認し、業務終了後にはしっかり先輩方が振り返りをしてくれます。毎日毎日の積み重ねが1年後の自分の看護師像につながっているのではないかと思い、日々努力をしています。