済生会横浜市東部病院・看護部 RECRUITING 2018

FACEBOOK
  1. TOP
  2. PERSONS
  3. EICU M・M

PERSONS 横浜市東部病院で働く看護師

M・M M・M
自ら考え実践できる看護師を育てる
M・M EICU
大学卒業後、都内の急性期病院に入職。その後、救命や集中治療を学ぶために当院に転職。現在、当院の新人教育委員としても活躍。
患者さんを感じられる看護の実践

患者さんを感じられる看護の実践

以前勤めていた都内の病院は、2次救急の急性期病院だったのですが、急変や重症入院などの患者さんが多く、私にもっと知識と技術があれば、さらに多くの対応できることがあるのでは、という思いや経験をしました。そこで、救命救急や集中治療の勉強ができる病院への転職を検討しました。病院見学で横浜市東部病院に訪れた際、患者さんに一人ひとりに声をかけ、その声に耳を傾けている、ホスピタリティの高さを目のあたりにし、この病院であれば、患者さん本位の看護を多く学ぶことができると感じ、転職を決めました。
前職以上に高度な急性期医療を提供する病院ですが、医療スタッフが職種を超えて連携し、互いにサポートしあって、より患者本位の適切な医療を実践しており、私自身もその中で多くを学び、大きな成長ができていると実感しています。

自ら考え実践できる看護師を育てるために

自ら考え実践できる
看護師を育てるために

現在、新人看護師の教育委員を担当しています。看護師にとって知識や技術も大切ですが、私は、自分で問題を解決する力や、自ら学習する力がとても重要だと考えています。そのため「自ら考え実践できる看護師」が育成されるように1年目だけではなく、私たちも日々努力し続けています。
救命救急病棟の例では、4月はシャドーイング(先輩について仕事を学ぶ)を行い、5月には先輩のフォローのもと実践を開始します。その後10月まではフォロー体制をつけて、実践を通した成長をサポートしています。また、看護技術は、月ごとに優先度を設定し、8月までに最低限必要な看護技術を効率よく習得できるように設計しています。
看護のプロセスや考え方についても、いきなり高度な内容の習得は目指さず、ステップを踏んで看護師として自立できるように研修を組み込んでいます。
こうした教育研修により、自分で考え、それを実行できる看護師が育っていくよう、当院では教育プランを考えサポートを行っています。

更なるキャリアアップに向けて

更なるキャリアアップに向けて

今後は、自ら考え実践できる看護師が増えるように、教育体制をより良く体系化することが目標です。
私がこの病院に入る際に感じた「患者本位の看護」をさらに進めるためにも、看護師のスキルアップやキャリアアップをサポートしたいと思っています。