済生会横浜市東部病院・看護部 RECRUITING 2018

FACEBOOK
  1. TOP
  2. PERSONS
  3. NICU/GCU U・M

PERSONS 横浜市東部病院で働く看護師

U・M U・M
プリセプティの個性に寄り添う
プリセプター制度
U・M NICU/GCU
当院に新卒で入職し、NICU/GCUでプリセプターを経験。現在は、小児・周産期専門病院へ転職。
看護師としての成長を支える、プリセプターの親身なサポート

さらなる成長のための挑戦

私が5年目になるタイミングで転職しようと思ったきっかけは、自分の成長のためでした。地域医療支援病院のNICU/GCUという看護職の中でも専門分野に4年間触れて、さらにもっと深く学びたいと思い、症例数も多くより小児医療・看護に力を入れた小児・周産期専門の病院に転職しようと考えました。同じ場所に長く居続けることよりも、ほかの場所での挑戦が自分に刺激を与えてくれると思ったからです。

看護師としても、社会人としても1人前を目指す

教育の東部病院

退職して振り返ってみると東部病院の強みはやはり、教育カリキュラムが整っていることだと思います。現在は新しい職場に慣れるのに精一杯ですが、転職先でもすんなりと業務ができているのは、明確な目標をもって看護師として成長できるよう、プリセプターやサポーターが責任を持って私を育ててくれたからだと思います。東部病院ではプリセプターとして新人教育を担った時は、プリセプティの個性に合わせて寄り添った教育方針に変えることが大切だと学びました。自分自身が転職し、再度教わる立場になって改めて、学ぶ視点や姿勢は東部病院で経験したからこそ身に着いたものだと思いました。また、東部病院は学会や勉強会への参加を積極的に推してくれる体制があり、そこで学んだ経験を現場に活かしてくれる先輩も多く、それがまた自分の看護スキルにもなって、今の新しい職場でも活かすことができています。

個性を大切にしたフォローアップ

就職先としておすすめできる病院

東部病院は、急性期病院なので自分のモチベーションがある人には教育体制がしっかりしていますし、とても成長できる職場だと思います。また、コメディカルと密に関わることもできる職場なので、とても楽しく学ぶこともできると思います。ユニフォームも自分が好きなスクラブを着ることができたり、自分の想いを尊重してくれる病院カルチャーも良く、就職先としておすすめの病院ですね。