済生会横浜市東部病院・看護部 RECRUITING 2018

FACEBOOK
  1. TOP
  2. PERSONS
  3. NICU/GCU U・M

PERSONS 横浜市東部病院で働く看護師

U・M U・M
プリセプティの個性に寄り添う
プリセプター制度
U・M NICU/GCU
大学卒業後、母校の先輩が多く入職し、働いている姿がとてもイキイキして見えたことから当院に入職。現在、新人のプリセプターとして活躍。
看護師としての成長を支える、プリセプターの親身なサポート

看護師としての成長を支える、
プリセプターの親身なサポート

横浜市東部病院のプリセプター制度は半年の期限となっていますが、私の所属しているNICUはハイケアもあるので、1年間のフォローがついています。その病棟の特性に合わせてサポートを受けられることは、私自身も1年目の経験からとても助かったことを覚えています。当時のプリセプターから親身な指導を受けた恩を、こんどはプリセプターとして新人看護師のサポートを親身に行うことで返していきたいと思います。

看護師としても、社会人としても1人前を目指す

看護師としても、
社会人としても1人前を目指す

自分の経験からも、今後の看護観は1年目に土台が作られると思っています。それだけ1年目の学びは重要なので、それをサポートするプリセプターとして、厳しく指導するだけではなく、色々な視野が持てるように一緒に看護を考えていこうと意識しています。また、大切な命を扱う仕事ですので、社会人としての基本的な態度や言葉遣いが身に着けられるようにも気を付けています。
まだまだ試行錯誤しながら、新人プリセプターとしてプリセプティと関わっていますが、「看護師」として育てるだけではなく、「社会人」としてもしっかり育ってほしいと思っています。

個性を大切にしたフォローアップ

個性を大切にした
フォローアップ

プリセプターになるにあたって病院からも私自身、教育についてたくさん研修を受け、学べる機会を多く与えてもらいました。
プリセプター同士でディスカッションを重ねるうちに、プリセプティにもそれぞれ個性があり、十人十色の育ち方があるのだと改めて感じました。プリセプティの個性に合わせて寄り添った教育方針に変えることが大切だと学ぶことができ、その気持ちを忘れずに続けていきたいと思います。
また、教える立場になって、自分が看護ケアを行う際に、何を大切にしてきたのかを改めて実感でき、自分の看護観の決定にも役立っていると感じています。プリセプターとして得られた経験も活かし、これまで以上に患者さんや患者さんご家族にやさしく接していきたいと思っています。