済生会横浜市東部病院・看護部 RECRUITING 2018

FACEBOOK
  1. TOP
  2. PERSONS
  3. 運動器センター K・E

PERSONS 横浜市東部病院で働く看護師

K・E K・E
誰よりも心の支えとなる
プリセプターがいてくれる安心感
K・E 運動器センター
大学卒業後、忙しい急性期病院であっても、職員が患者さんととても楽しそうに関わっていたのを見て当院に入職。現在、プリセプターとしても活躍中。
目標となる看護師が身近にいる環境

目標となる看護師が身近にいる環境

私自身、1年目の時に困った時や不安なことがあった場合に、すぐにプリセプターに相談することで不安が軽減したことを覚えています。そしてそれができるように、プリセプターは私をいつも近くで見守ってくれていたことに、自分がプリセプターとなった今、改めて気が付きました。プリセプターは誰よりも心の支えで、患者さんへの接し方や技術など、1番近くで見てくれて、常に見本となるような方でした。身近に目標となる看護師が側にいることで、自分の目標が立てやすく、成長につながったと思います。

看護師としての自信を身に付ける

看護師としての自信を身に付ける

学生時代に実習を通して臨床の経験をしますが、実際は実習とは大違いなので、新人のうちは常に緊張していて不安だと思います。私自身も同じ思いでしたので、プリセプターとして、少しでも緊張が解れるように頻繁に声掛けをしたり、たまに冗談なども交えて話したり、安心できるような雰囲気づくりを大事にしています。
新人はプリセプターのことをよく見ています。患者さんへの接し方や他スタッフとの関わり、1日の行動など、身近な目標となれるように努めています。こうしたことで、私自身も看護師として成長できていると感じています。
また、新人が自信をつけられるように、目標は高すぎず、低すぎず、プリセプティに合ったものを考え、その達成をサポートするようにしています。

ともに成長し、なりたい看護師を目指す

ともに成長し、
なりたい看護師を目指す

新人教育と看護は共通点、結びつきがとても強いと感じます。例えば、コミュニケーションの際に、分かりやすい言葉で説明したり、相手が考えていることや思いを汲み取ったりすることなど、多岐にわたります。
実現可能な目標を立てて相手と共有し、その達成サポートを行うプリセプターとしての役割は、特に看護に生かせると思っています。私の所属する運動器センターは、自宅退院や社会復帰に向けてADLを向上させる看護は欠かせません。その中で、患者さんと目標を立て共有することで、前向きなリハビリや入院生活が送れると考えています。
プリセプターとしての経験は、患者さんへの看護実践に生かすことができるものとして、私自身も成長させてもらえた良い機会になっています。