済生会横浜市東部病院・看護部 RECRUITING 2018

FACEBOOK
  1. TOP
  2. PERSONS
  3. 救命救急センター N・K

PERSONS 横浜市東部病院で働く看護師

N・K N・K
多様性を受け入れ、
更に成長している病院
N・K 救命救急センター
大学卒業後、大学付属病院に入職。その後大学院に進学しながら当院に非常勤として勤務。大学院卒業と共に非常勤から常勤職員に。
更なる学びを求めて大学院へ

更なる学びを求めて大学院へ

小さいころからサッカーや陸上などスポーツを続けてきた中で、体の仕組みについて学ぶことに興味を抱くようになりました。大学進学時に理学療法を学ぶ道も考えましたが、より広い分野の医療を学び、自分もかかわっていきたいと考え看護師を目指しました。
新卒で入職した大学病院では高度救命救急センターに5年間勤務し多くを学びましたが、看護師としての伸び悩む感覚もあり、次のキャリアを考え始めました。救命救急では身体的な知識と技術は身に付きましたが、一方で心理面や精神面に関して判断や対応に困るケースも多くあり、その面を詳しく学ぶため大学院の「精神看護専門看護師コース」に進学することにしました。

多様性を受けいれる病院カルチャー

多様性を受けいれる病院カルチャー

大学院に通っている間にも病院での臨床の継続を希望しており、大学院の先輩の勤務先として紹介を受けたのが横浜市東部病院でした。救命救急での経験も活かしたく、精神科単科病院ではなく総合病院を検討していたのですが、折よく紹介を受けたこともあり、当院に非常勤として勤務することになりました。
前職の大学病院と比べると、自由なユニフォームに代表される病院の多様性を認める風土、新人教育の充実、時短勤務や産休等子育て制度など、職員にとって働きやすい環境が整っていると感じます。また、一つの病院としてより良い組織を目指して成長していこうとする姿勢もとても魅力だと思います。
大学院卒業後、常勤看護師として勤務が決まり、改めて新入職員として研修を受けました。新卒者との全体研修に加え、既卒者専用の研修も用意されており、既卒者同士での交流も増え、安心感にも繋がりました。新卒者と同じように長い時間とコストをかけて既卒者を育てようという意図は非常にありがたく、職員を大切にしている姿勢も感じ取れました。

キャリアを活かせる仕組みづくり

キャリアを活かせる仕組みづくり

東部病院は、専門・認定看護師の有資格者を院内外研修会の講師を任せるなどして、有資格者の「見える化」に取り組んでいます。それによって、有資格者は自身のキャリアを活かして力を発揮することができ、また他の看護師はその活躍に触れることによってキャリア開発の良いロールモデルを抱けることに繋がっていると思います。
私自身も大学院で学んだ精神看護の専門的なアプローチを現在の救命救急で生かしつつ、病院全体へのシェアに繋げられればと思い、実践に努めています。