済生会横浜市東部病院・看護部 RECRUITING 2018

FACEBOOK
  1. TOP
  2. PERSONS
  3. こころのケアセンター M・S

PERSONS 横浜市東部病院で働く看護師

M・S M・S
キャリアアップのサポートが
手厚い病院
M・S こころのケアセンター
大学卒業後、3次救急の病院で様々な症例を学びたい思いと病院見学時に病院スタッフの人柄や雰囲気が良いと感じ当院に入職。EICUで勤務後こころのケアセンターに異動、その後厚生労働省に出向し、現在に至る。
クリティカルケアから精神ケアへのキャリアチェンジ

クリティカルケアから
精神ケアへのキャリアチェンジ

伯母が看護師であったこともあり、子どもの頃から医療の仕事を身近に感じていました。病気と闘う患者さんに多くの時間を寄り添ってサポートできる看護師の仕事が魅力だと思い看護師を志望しました。大学卒業後、横浜市東部病院に入職し配属されたのはEICUだったのですが、患者さんへの身体的治療に携われたので、今度は鬱や統合失調症などの患者さんに対する精神的なケアをじっくり行いたいと考え、こころのケアセンターに異動しました。

臨床現場から厚生労働省でのチャレンジ

臨床現場から厚生労働省での
チャレンジ

大学時代から医療政策や看護政策に興味があり研究を続けてきたこともあり、入職後も看護連盟や看護協会などの看護職能団体での活動に従事し、その活動を通して医療政策や政策決定過程について学んでいました。そうしたこれまでの活動が認められ、看護部長より厚生労働省への出向の打診を受けチャレンジすることにしました。
厚生労働省では、全国の看護研修事業の調査や研修事業の事例集の作成などを行い、看護職員の卒後研修事業を推進する業務や海外で看護師資格取得をした際の教育課程が日本と同等であるか等を精査し、日本の保健師・助産師・看護師の国家試験を受験する資格があるかを審査する国家試験受験資格認定に関する業務に携わっていました。

看護の発展のために現場で出来ること

看護の発展のために現場で出来ること

日々看護業務に邁進するだけではなく看護現場が抱える課題やそれに対する現場の意見が行政や議会などでどのように議論されて、形成されていくのかという政策決定の過程や行政や政治家に発信することの大切さを周りの看護職員等に伝えていきたいと思っています。また、現場の実情をより正確に、より効果的に発信するために何をしていかなくてはいけないのか、具体的な業務に落とし込んで、現場レベルから出来ることを考えていきたいと思っています。